IMG_結婚披露宴

費用を抑えても印象に残る結婚披露宴


古くからの友人が結婚した際の結婚披露宴は見事なものでした。
場所は大衆の居酒屋で、新郎新婦の共通の友人の両親が経営しているところでした。
その招待状は電子メールで来ました。
書いてある内容は、服装はスーツ禁止で平服であること、贈り物は新郎新婦を祝う気持ちだけ、等です。
要するに費用をかけずに楽しくお祝いしましょうという趣旨なのです。
結婚披露宴となると式場やホテルで挙げる方が多いのでこういったタイプは珍しいですね。
結婚披露宴会場ごとのメリット・デメリットがこちらにかいてありますのでご覧ください。
 新郎新婦ともにそれほど裕福な生活をしていない関係上、そのような披露宴にせざるを得なかったとは考えません。
新郎新婦の人柄から考えますと、堅苦しい雰囲気が嫌いなこと、参加者に金銭的な負担を課すことはしたくないという気持ちがあったからだと思うのです。
 新郎新婦の思惑通り、披露宴は楽しく普段の飲み会感覚で進行しました。
お祝いのスピーチを任されたのですが、話す内容にツッコミがどんどん入ってくるといった感じで、スピーチをしている方も気持ちが楽でした。
今まで参加した披露宴の中で最も印象に残るものでした。
本当に参加して良かったと思えました。
 これが本来的な披露宴なのだとつくづく感じました。
虚栄に満ちた豪華で派手な披露宴がいかに気持ちの貧しいものかということを実感できたのです。
新郎新婦への高価な贈り物は、贈る側の責任を果たすものと言いますか、贈る側の自己満足を満たすものでしかなく、新郎新婦の結婚をお祝いしようという気持ちが込められたものではないのです。
新郎新婦の側も、その贈り物を受け取ってから数年も経てば、使いもしない食器等が押入れに入っているのを見て、「これ、誰からの贈り物だったかな」みたいなことになりかねないのです。
 格式張ったスピーチも、喋る側の負担は大きいのです。
とてもじゃないですが披露宴を楽しむ気持ちにはなれません。
スピーチを聞いている側も迷惑です。
早く終わって欲しいと思うだけです。
 また参加者の服装が高価なスーツの場合は、参加していてもそのスーツが汚れないかどうかを気にしてしまうことになるでしょう。
それよりも、スーツ姿は落ち着けません。
リラックス出来ないのです。
披露宴を楽しむことのできない代表的な服装なのです。
最悪の場合、スーツが汚れてしまったら、それだけでその披露宴が悪い思い出として記憶に残ってしまうのです。
 やはり費用を抑えても心のこもった、上述のような披露宴が、印象に残る本当の意味で新郎新婦を祝福でき、しかも参加者が楽しめる最高の結婚披露宴披露宴であると確信しました。
このように費用を抑えても楽しむことのできる披露宴もありますが、やはり主流なのは結婚式場やホテルで挙げるものですよね。
そういった会場は高いイメージがあると思いますが、実際どのくらい費用がかかるのか知らない方も多いと思いますので、結婚披露宴にかかる費用の全国相場というものがありましたので紹介させていただきます。
こちらのサイトに詳しく載っていますので是非参考にしてください。

MENU