IMG_結婚披露宴

私の結婚披露宴で行ってくれたイベントとは


結婚披露宴でのイベントといえば、キャンドルサービスやケーキ入刀や両親へのあいさつなどいろいろあると思いますが、私にとっては、来賓の方が盛り上げてくれた出し物が一番思い出に残るイベントとなりました。
びっくりするほどの盛り上がりで、爆笑の渦に包まれることもありましたし、しんみりと感じさせてくれることもありました。
まず、楽しかったことですが、旦那の会社の先輩と後輩がそれぞれ行ってくれたものです。
どちらの方も、普段からお付き合いがあったため、面白い人だとは知っていましたが、本当に盛り上げてくれました。
先輩は、何故か、バスローブ姿に赤いリボンを巻き、手作りの顎をつけて、アントニオ猪木になっていました。
その状態で入場してきて、披露宴会場をくまなく歩いていました。
その間も、プロレスラーのアントニオ猪木になりすましながら、あちこち移動しており、技をかけられるふりをしてこけたりと色々な動作をしながら会場を巡っていたため、とても盛り上がりました。
最後は、お決まりの1、2、3、ダーッをみんなで言い、退場していきました。
次に、後輩の方ですが、歌を歌う事になっていたのは知っていました。
しかし、いざ入場の扉があくと、全身バナナの出で立ちになって登場してきました。
唯一出ている顔も黄色く色づけしており、本当にバナナになっていました。
何故バナナなのかよく分かりませんが、その恰好で、歌を歌いながら会場を練り歩いていました。
替え歌など歌ってくれていたため、さらに爆笑の渦で一杯の会場になりました。
まるで、二人とも自分たちのイベントであるがごとく演出してくれていたのですが、それがかえってとても良く、楽しい思い出となりました。
本当に、言葉で表すことができないほどの盛り上がりでした。
次は、私の友達たちが歌を歌ってくれたのですが、友達の一人がピアノを生演奏してくれ、そのピアノに合わせてみんなで歌を歌ってくれました。
ピアノの練習もとても大変だったと思います。
しかし、わざわざそういったことまでしてくれたことがとてもうれしくて、良いお友達を持って幸せだと思いました。
やはり生演奏だったため、みんな静かに聞いており、とてもしんみりとさせてくれました。
私の結婚披露宴では、こういったことをしてくれたのですが、本当に良い思い出になっています。
どんなことがあっても忘れることはできません。
本当に良い先輩や後輩や友達に恵まれて良かったと、私たちは思っています。

MENU