IMG_結婚披露宴

結婚披露宴で用いるブライダルアクセサリー


私は、今から3年前の2010年に結婚をしました。
結婚をするにあたっては、大勢の親戚や友人、職場の方などをお招きして、結婚式や結婚披露宴を行いました。
最近では、不況の影響を受けて入籍のみを行うカップルや、新郎新婦二人だけで海外でハネムーンを兼ねて挙式を済ませてくるカップルだったり、結婚式や披露宴も最低限度のシンプルなもので、できるだけお金を掛けずにリーズナブルに済ませるスマ婚が流行っている兆候にあります。
しかし、そんな中で、私自身は結婚というのは人生に一度しかない人生最大のイベントであり、大きな節目でもあり、特に女性にとっては小さな頃からウェディングドレスを着ることに憧れている人が多いものなので、多くの方をお招きして盛大に行いたいと昔から思っていました。
私の希望に対して、私の婚約者の男性も、私の両親も、婚約者の両親も大賛成だったので、結婚式と披露宴は昔からある伝統的で格式高いホテルで行うことにしました。
盛大にするということになったので、その分、結婚式や披露宴までに行わなければならない結婚準備はたくさんあり、時間もかかりました。
たとえば、招待客の方々をリストアップして招待状を作成して送ったり、席次表を考えて作成したり、披露宴で放映するプロフィールビデオやオープニングビデオだったり、エンディングビデオを作成したり、披露宴会場のテーブルコーディネートやフラワーアレンジメントだったり、料理のコースやウェディングケーキを決めたり、BGMを選んだりしました。
また、ブライダルエステに行ってウェディングドレスが似合う姿になれるように、痩身エステを受けたりホワイトニングやシェービングを受けたり、ネイルサロンに通ってアートチップを行ったりして、自分磨きも怠るわけにはいきませんでした。
このほか、花嫁の一番大事なことと言えば、ウェディングドレスやお色直しのカクテルドレスや着物を選んだり、衣装に合うようにブーケやブライダルアクセサリーを選ぶことも必要でした。
結婚披露宴で着るウェディングドレスの選び方はこちらを参考にしてみてください。
ブライダルアクセサリーには、ブライダルティアラやネックレスやピアスや指輪、イヤリング、髪飾りなどがありました。
衣装のレンタルショップに行くと、洋風の物から和風のものまであり、大粒のパールやダイヤモンドがたくさんあしらわれているようなゴージャスなデザインの物から、比較的シンプルなデザインのものまで、たくさん揃っていました。
アクセサリーをどれにするかによって、雰囲気ががらりと変わり、大きなポイントになると実感しました。
ゲストの方が来ていく服装の注意点はhttp://mycolor.mods.jp/1.htmlに載っています。

MENU