IMG_結婚披露宴

結婚披露宴のご祝儀についての体験談


結婚披露宴のご祝儀は、若いころは最低限で済むので別に何も考えませんでしたが、だんだん年をとってくると一体いくら包むか非常に悩ましいものです。
同期などなら3万円がだいたいの相場だと思います。
通常2で割れる額をもっていくものではないというのでこの数字になるのですが、職場の上司となるとだんだんと5万円を包まざるをえなくなるものです。
こうなると正直呼ばないでほしいと思うものですが、まあ仕方ありません。
デフレの状況を考えると同期1万円の上司3万円なのではないかとも思いますが、こういうものの相場は上がるともとには戻らないものです。
問題は主賓などで呼ばれたときですが、こうなるとさらに上乗せして7万円入れざるをえなくなったことがあります。
これでスピーチまでさせられた日には、大盤振る舞い以外の何者でもない気分ですが、実際に過去のケースからいいますとこういうことがありました。
とくに新郎も新婦も同じ会社などという会社ぐるみ結婚式が一番辛い状況になります。
だいたいみんなで事前にいくら包むかの話になるわけですが、シーズンに3回もあった日には大変なことになった覚えがあります。
最近では媒酌人というのがいなくなったので、だいぶ形式が崩れてきた感じもありますが、ご本人たちは気を使っているのかもしれませんが、できることなら本当に親しい友人とご親族でパーティにされるのがいいのではないかと思うことが多々あるのが披露宴です。
たまに行ってびっくりするのは両親の関係の来賓などが出てきて挨拶がはじまったりするもので、ご本人達のバックグラウンドが見れて面白いという話もありますが、着席したテーブルがそういった関係者だけですと盛り上がりませんし、余分なことも沢山聞かれた挙句のご祝儀ですからかなりげんなりするものです。
考えて見ますと、こういったご祝儀というのは、まだ貧しかったころの相互扶助のような意味合いがあったのではないかという気がします。
昭和の高度成長期のころの慣わしで、当時ならば仕方ないと言う面もあったのだろうと思いますが、最近の状況が大きく変わったのは会社における若者と中間管理職の給与差が昔ほどではなくなっていることで、これが包む金額に理不尽さを感じる大きな原因なのではないかと思います。
できることなら会費によるパーティにしてもらいれうととてもうれしいと思います。
お金のことを別にすれば若いふたりには幸せになってほしいものですが。

MENU