IMG_結婚披露宴

最近の結婚披露宴はゲストカードが主流


結婚披露宴を行うにあたり、出席者全員に名前や住所を書いてもらうものです。
それを披露宴終了後、ひとつの綴りにしてもらえるので、出席者の一覧としても使えるし、後日お礼の品や手紙を書くときにも利用出来て、便利なものになります。
しかし、最近は結婚披露宴を行うときに、受付で芳名帳を記入する事が少なくなってきたように感じます。
その代わりに、招待状にゲストカードが同封されている事が多くなりました。
出席する立場としては、受付の人の視線を感じながら芳名帳に記帳するのは意外と緊張するものです。
それが筆ペンだった際には、文字に自信のない私は結構嫌なものだったりもします。
そして芳名帳は、ただ名前と住所を記入するだけなので、少し味気ないものになると思います。
そんな中、招待状に同封されているカードだと、事前に家でゆっくりと記入出来るので楽だと思います。
またその場で書く芳名帳とは違い、メッセージ欄もあるので、その人の事を思いお祝いの言葉も書けるのもいいと思います。
そして、逆に結婚披露宴を行いゲストカードを貰う立場だった時も、招待客の皆さんがそれぞれオリジナリティーにあふれたメッセージを記入してくれるので、嬉しかったものです。
後日、夫婦二人でそのカードを見ながら、「この人は高校の友達でね・・・」なんてそれぞれの交友関係を話す機会にもなりました。
また、交友関係は結婚前から話題には出ても、なかなか親戚関係は話題には上がらないものですが、こういったカードを作成してもらうことにより、お互いの親戚関係を把握する良い機会にもなると実感しました。
そして、皆さんが心のこもったメッセージを書いてくれたので、しばらくは結婚式の余韻に浸りながら、カードを何度も見ていたものです。
当日受付で芳名帳を書いてもらう時間が省ける分、スムーズに受付作業が終わるので、受付係を頼まれたときも、簡単だったので良かったなと思っています。
親戚の方など、まとまってバスで到着されると受付が混雑するものです。
だからこそ、スムーズに受付作業が終わるのは、受付をする側、される側共に、利点が大きいと思います。
このように、どの立場に立ってみても、ゲストカードは利点が多いものだと思います。
ただ、数ヶ月前に貰う招待状に同封されているので、つい持参するのを忘れる方もいらっしゃいます。
予備は受付にあるので、その場で書けば間に合うとは思いますが、メッセージはゆっくり書きたいものです。
ですから、自分自身このカードだけは忘れずに持っていかなければと、披露宴に出席するたびに思うのでありました。

MENU