IMG_結婚披露宴

結婚披露宴に利用するBGM音楽について


結婚披露宴に何度か出席をしたことがありますし自分自身も結婚披露宴を行ったことがあります。
私は、結婚式場専門の披露宴会場を利用して同じ建物の中にある教会で結婚式を挙げ、会場で披露宴を行いました。
結婚式をするとなると式場を選び日にちを決めます。
その間までに結婚式と披露宴の準備をしました。
その中で自分たちが結婚式をつくっていくと実感したのが準備の段階です。
招待状をつくることから始まり結婚披露宴の打ち合わせなどでとても忙しい日々を送りました。
当日の打ち合わせなども含めて流れが決まっています。
披露宴は、出席者が会場に入り新郎新婦が入場をします。
乾杯と祝辞などを述べ、その後は、出し物をする人がいたりします。
お色直しなどもあり最後は、新婦からの両親への手紙と最後の挨拶があります。
その時々のシーンをもりあげるのがBGM音楽です。
これは、とても大切なことです。
私達の結婚式の場合、自分たちがデートによく聞いていた曲や思い出の曲、好きな曲などを考えて決めました。
本当は、シーンに合う曲を選ぶのも良いと思います。
結婚披露宴で人気のBGMはこちらに載っていますので、参考にしてください。
選ばなければ式場の人が雰囲気に合う曲を選んでくれるといっていました。
おまかせするより自分たちの結婚式だから自分たちで決めようと二人で話し合い自分たちで音楽を決めました。
曲には、歌詞があり音楽のテンポなどで決めていると歌詞をみなかったことに後悔する人が多くいます。
必ず結婚式では、歌詞を一度見つめ直した方が良いです。
詞に意味がある曲は、それぞれのシーンにあう内容なのかを考えた方が良いです。
実際に選んだ曲で意味を考えると2人で1つというような意味を歌った曲を最後の退場の曲に選んだりしました。
途中の出席者が楽しむような所では、みんなが楽しくなる曲を選んだりしました。
両親への手紙の所では、両親への感謝をささげるような曲を選びました。
結婚式などには、流行もありその年に流行っているBGM音楽も変化してきます。
もちろん定番の曲もあります。
新郎新婦の二人の趣味やセンスで曲を選べばよいと思います。
私が出席した披露宴で凝った演出をしていて曲を統一しているものは綺麗だと感じました。
そう考えると私達は、統一感はなかったような気もします。
こだわりをもつことが曲を選ぶポイントにつながると思います。
曲選びも二人で作っていくと楽しいものになりますし思い出になります。
レンタル店やインターネットなどでおめでたい曲を選び自分たちに合った物を選ぶと上手く選べるコツでもあります。

MENU