IMG_結婚披露宴

結婚披露宴までの道のりと相手を思いやるということの大切さ


結婚披露宴は、一生に一度の大イベントです。
披露宴の準備は、大変な面もたくさんありますが、とても楽しいものです。
結婚披露宴の前に必要な準備はこちらに詳しく書いてあります。
準備段階は、私の場合も該当しますが、男性はもちろん、女性もほとんどの方が有職者であります。
結婚の準備は、式場探しや披露宴の準備だけでなく、婚礼家具選び、新居探し、親戚挨拶と、最低限でもこれだけはあるので、とても多忙になります。
そして、披露宴後、すぐに新婚旅行に行く場合が多く、私の場合、長期にわたり会社からお休みを頂くので、仕事の引き継ぎや、長期休暇で迷惑を掛ける人達に少しでも迷惑がかからないよう、やり残しのない様に残業していったりする為、仕事の面におきましても大変多忙となりました。
なので、精神的な余裕がなくなっていきます。
この時期に良く聞く言葉でマリッジブルーというものがあります。
結婚への不安、という意味ですが、これは逆にかえって多忙だとならないものです。
私はなっている場合ではありませんでした。
そして、相方との意見の食い違いも起こるようですが、ここはお互いの思いやりの心を見せ所です。
私達夫婦が、この段階で喧嘩をしなかったことは、やはりお互いを思いやる態度を示していたことが大きかったと思えます。
これから先長い人生を一緒に過ごすパートナー、お互い思ったことが言えるよう、支えあいながら生きていくことのスタートはもう始まっているので、お互いの気持ちを尊重し合い、仲良く事を進めていくと、結婚後も上手くいきます。
しかし、忙しいながらも、幸せに向かってへの準備なので、周りの人達からも優しくしてもらえたり、目に見えない優しさを頂いているので、周りの人達への感謝の気持ちも忘れてはいけません。
私は、結婚の準備に入ってから、結婚披露宴まではあっという間だったという感覚でいます。
披露宴は、初めて大勢の中で主役となる場でした。
最初はすごく緊張しましたが、私は主人との付き合いも長かった為、新郎側もほとんど顔見知りだったので、すぐ緊張はほぐれ、楽しめました。
こうしたことから、披露宴前に相手側の親戚とも顔見知りになっておくと、より和やかなムードで迎えられます。
披露宴で忘れてはいけないことは、忙しい中出席してくださった皆様への感謝の気持ちです。
ご祝儀もたくさん頂きます。
披露宴は、親族、来賓、友人共に楽しめるように、計画することが一番なのです。
結婚披露宴の思い出は心にずっと残るものなので、結婚披露宴の成功させるためのポイントをしっかり押さえ、後悔のないようにしましょう。
相手の考えを尊重しつつ、自分の思いも相手に伝え、人々に感謝しながら披露宴の日を迎えられたことが、幸せの秘訣だと私は今でも自負しています。

MENU